覚書的にメモメモ_φ(・_・



<用意するもの>
iPad miniカバー(シリコン素材はやめたほうがいい)*難接着性のため
布地(フリースのような布端がほつれてこないものがbest。少し厚みがあるほうがクッション性が出てbest。)
ボタン(蓋を固定するため。ぺったんこのものの方が邪魔にならないのでgood)
ゴム(蓋を固定するため)
クリアファイル(蓋に張りを出すため。ふにゃふにゃでよければなくても良い)

<手順>
iPad miniカバーを布地の上に乗せて、線を引き大きさを決める。(基本はiPad miniカバーの2倍の大きさ)

IMG_2467.jpg

作りながら、蓋に張りをもたせたくなってしまったので、裏側が少々ブサイクなことになってます。
その辺り、よく考えて蓋に張りをもたせるなら、iPad miniカバーの3倍の大きさの布地を準備。

布端のほつれがきになったので、ブランケットステッチでかがる。

IMG_2466.jpg

布地を適当にデコる。

蓋部にボタンをつける。
*裏を処理する前につけておくこと

クリアファイルをiPad miniの大きさに切り取り、蓋部の裏側に貼り付ける。
クリアファイルを覆って、布用接着剤でとめる。

蓋を止めるためのゴムをとめる。

iPad miniカバーを接着する。
今回は、100均で購入した瞬間接着剤を使用。
iPad miniカバーがシリコン素材でなければ、布用接着剤でもくっつくかも。

完成。





スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

準備万端で制作し始めたiPad miniケース。
調子よく作業を進めていたところへ、問題発生。

IMG_2468.jpg

ケース制作のきっかけになったのは、偶然手に入れたシリコンケース。
今回手帳型のケースにするために、このシリコンケースと布地を接着するはずでした。

布地用の接着剤と、100均で購入していた瞬間接着剤の2種類の接着剤を準備。
何も思わず(下調べをしていないので)、布地用の接着剤で接着。
重しを乗せて、圧着させること数時間。
接着の具合を確かめてビックリ!!

ぺりぺりと剥がれてしまいました。
瞬間接着剤は、布地にしみてしまうとそこだけ風合いが変わるので、極力使用は避けたいところだったのですが、やむなく使用を検討。
その前に、少しネットで調べてみると…
「シリコン素材は難接着性のため…」の文字。(笑)

シリコン素材接着用の接着剤を購入しようかとも思ったのですが、100均の接着剤を使ってみたら、なんとなくくっついてくれているようなので、とりあえず様子を見ながら使ってみようと思います。

IMG_2469.jpg







  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

持ち歩いているiPad miniのカバーが汚れてきた。
そして、袋状のカバーに入れているので、使うたびに袋から出すのが煩わしくなってきた。

どうしたもんか…と思案していたところ、以前何かを購入したときに、送料の加減だったかなんだったかで購入(プレゼント??)したシリコンケースがあるのを発見。



これを使ってなんとかできないものか…
と考えた末、出した結論。

ブックスタイルのカバーを作ればいいのでは⁉︎

家人の仕事の関係上、布地は山のようにある我が家。
以前購入し、現在iPad入れになっているフリース生地の残りもgetし、準備万端。

IMG_2464.jpg


IMG_2465.jpg


フリース生地の模様をアップリケ風にすることに決め、柄を切り抜き配置も完了。
準備も整ったので、製作に取りかかります。

ベースの生地の端もほつれなさそうだったのですが、念のため、周りをブランケットステッチでかがっておきました。






  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY