数ヶ月前にアレンジメントに入っていた植物を水に挿してみました。

しばらくしたら、根っこが生えてきました。
どんな風になっていくのか、よくわかりませんが楽しみにしたいと思います。







  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]




アメリカンフットボールの試合で、重大な反則行為をしたことが話題になってますね。

大好きなスポーツが、こんなことで有名になり、世間の人のキオクに残っていくのかな…と思うと、非常に悲しい気持ちになります。






  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]




思考がトレースできればいいのになぁ…って思う時がある。

今日は、ココでまったりカフェタイム。






  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]



今日は、ハルカス24階で行われた、人と動物の関係学会、関西シンポジウムにやってきました。

こんな学会があることにも驚きですが、動物芸術論という学問が存在することにも驚きです。
これからスタートですが、何が聞けるのかワクワクです。







  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

購読している、毎日新聞の特集記事にタイトルのような記事が掲載されていました。
毎日新聞の記事はコチラ



今日(4/14)から公開される映画「女は二度決断する」の内容と絡めた特集だったのですが、誰もが持つであろう「憎しみ」 の感情に対する考え方に少し考えさせられました。

感情との向き合い方が下手な人が増えたような気がしますね。


***記事より***
 何事も憎まない方がいい。水に流す--。
日本人の特性としてよく語られることだが、「そこが日本人の問題」と大澤さんは指摘する。「他者への憎しみが弱いと、自己批判をしなくなるからだ。アメリカへの憎悪は自分たちへの反省、自己嫌悪として跳ね返ってくる。それは自分たちの弱さを乗り越える契機にもなり、批判力になるのだが、日本人はそこをすっ飛ばしてきたのではないか」
(略)
 憎しみはやっかいな感情でもある。いくら「なかったこと」にしても精神状態が悪くなればぶり返す。
(略)
 自ら課題を克服していく。それには胆力が必要だが、そういう成功経験が一つでもできれば、真の意味で憎しみを乗り越えられる




そして、ことあるごとにこの映画のレビューを目にするのです。ある種の引き寄せの法則かもしれない。
これは映画館で鑑賞しろ…との思し召しかと思ってしまう今日この頃です。







  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>